忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、注目を集めているiPhoneやiPad。こういった高機能携帯電話や
情報端末を、医療現場で活用する動きが広がっているといいます。
以前、雑誌「現代画報」で携帯電話に関する記事が紹介されていたように思う
のですが、今や携帯電話というのは驚くような機能がついているのですね。

東京のある病院は7月、脳卒中患者の診断に役立てる取り組みを始めたそうな
のです。
この病院の脳神経外科の医師が、脳のCT画像を医師のiPhoneに転送して
3D画像で自由に角度を変えて見られるアプリを開発したそうです。
脳血管のこぶの形状から手術が可能かどうかなど、自宅や出先にいる医師の意見
も聞きながら迅速な判断ができるといいます。
「医師不足の中、効率的な医療が可能になり、患者にも医師にとってもメリット
がある」と病院の教授は話していました。

また、往診に利用しているケースもあるそうです。ある病院では、院長ら6人の
医師、看護士がiPhoneを携帯しているそうです。患者の自宅からインター
ネットを通じてクリニックの診療記録に接続したり、写真を撮って送ったりできる
のです。その場で紹介状を作成し、救急搬送先の病院に直接データを送ることも
可能だといいます。

携帯電話といっても、メールを送ったり電話をかけたりだけではなく、人一人の命
を守るために利用されるというのは驚きの話です。


現代画報の日々取材
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]