忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「今年は寒くなるのでは」と以前からテレビや新聞で報道されていました。
また、国際通信社から発行されている雑誌には「気候」に関する記事が
載っていたようにも思いますが・・・。

先日の新聞に「暖冬」という言葉が入った記事が載っていました。
暖冬の影響で、北海道内各地のスキー場が臨時休業したり、オープン時期
がずれ込んだりするケースが目立っているそうなのです。
12月3日には暖気が入り込んだために、北海道内各地で気温が上昇しました。
14地点で12月の最高気温を更新しました。
本来であればスキーヤーやスノーボーダーで賑わうはずの各スキー場の関係者
は「雪町」の現状に頭を抱えているということなのです。

「パウダースノー」で知られる富良野スキー場は、11月下旬のオープンを予定
していたということですが、積雪が確保できずに今シーズンはまだ一度も営業できて
いないといいます。
降雪機は気温が氷点下にならないと使用できないそうです。
関係者は「この時期までオープンできないのは初めてではないか。1回降ってくれれば
なんとか営業できそうだが」と頭を抱えているようですね。

ですが、日本気象協会北海道支社の話によると12月中旬頃からは大陸から強い寒気が
入るため、積雪が予想される」と話しているようです。
営業する側も頭を抱えているでしょうし、またスキーやスノーボードを満喫しようと
予定を立てていた人たちも多いでしょう。今年の冬はどうなるのでしょうか。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
評判の取材先に行く国際ジャーナル
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]