忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IQの低いことが喫煙についで、心臓疾患のリスクが高いことを示す指標になるという研究結果がイギリスの研究所によって発表されたそうだ。喫煙、高血圧、運動不足はわかるのだが、なんと低所得とIQの低さも指標のトップ5に入っているそうで、この結果に驚いた。IQが低いことによって、喫煙の危険性や食生活や運動の必要性を考えることを理解できないのではないかということだそうだが、低所得は一体どういうことなのか。

 低所得が心臓に与える影響といえば、私の場合は給与明細を見たときのショックとか、お金がないことで生活のことを考えて悩むことだろうか。胃も痛くなるから、心臓にも衝撃を与えているかもしれない。そんなことをいったら、低所得者の多い発展途上の国の方たちは心臓病で亡くなることが多いのだろうか。それとも日本やアメリカのようにこう所得者と低所得者の差が激しいところの方が多いのだろうか。

 毎日いろんな研究結果が発表されていて、面白く見ている。しかし首をかしげるような結果がでていることも多く、これまた面白い。しかしこうしていろんな研究の中から本当に人類にとって大切な研究結果もでてくるのだろうから、一概に否定してはいけない気がする。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社
yopの国際通信社
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]