忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカではすでにお約束の、過激な性描写のある漫画やアニメ販売の規制。日本ではまだまだ違法ではなく、規制をされていないため、小学生の男の子くらいになってくると、こそこそ隠れて読める状態ですよね。そんな過激な性描写のあるマンガやアニメの販売を規制しようと、東京都が12月議会に再提出する都青少年健全育成条例改正案について、漫画家のみなさんがご立腹のようです。人気漫画家のちばてつやさんたち4人は、東京都庁で記者会見を行い、反対する声明を発表したのだそうです。なぜ反対なのかと言えば、ちばさん曰く、改正案が通ってしまったら漫画やアニメの文化がしぼんでしまうとのこと。うーん、別に性描写がなくてもマンガやアニメ文化がしぼんでしまうことはないと思うけど、というのが素人の私の意見ですが。ドラゴンボールやナルトだって、日本だけでなく海外でも大人気ですが、性描写なんかないし。。。東京都が再提出する同改正案は、18歳未満のキャラクターのわいせつな性描写がある漫画などを成人コーナーに置くよう求める内容だそうです。これって、別に反対しなくてもよいのではって思っちゃいませんか?記者会見に同席していた漫画家の秋本治さんも、自由な文化が漫画なのに、書き手が萎縮してしまう恐れがあると反対しているのだとか。子供の親から言わせてもらえば、過激な性描写のあるものは、成人コーナーに置いてほしいですが。。。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
oscar.coresv.com
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]