忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨日、ちょっと産婦人科に野暮用があって行ってきたのですが、待合室に「予防できるがんがあるって知っていましたか?」という見出しのポスターが貼ってあって、思わず見入ってしまいました。がんを予防する食べ物や健康法とかなら聞いたことがあっても、「予防できる」とハッキリ明言するなんて余程の自信がなきゃ有り得ないでしょ?がんはがんでも、子宮頸がん、20代から30代の女性が罹り易いがんです。
先生に「ポスター見たんですけど、ホントですか?」って聞いちゃいましたよ。先生は「これね~、ニュースでも取り上げてたけど、オススメですよ」とのたまう。国際通信社の雑誌でよく医療関係の最新事情を扱っていますが、このサーバリックスというワクチンについては見かけてないような気がします。その内載るかしら。
パンフレットをもらってよくよく読んでみると、サーバリックスは、子宮頸がんを予防できるのではなく、子宮頸がんの原因となる発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するものでした。発がん性HPVは数十種あって、子宮頸がんのおよそ7割は、この内の16型と18型のいずれかに感染することが発症のきっかけとなるそうです。つまり、この二つの感染を防げれば、かなり高い確率で子宮頸がんを予防できることになります。ただ、残念なのは感染後に接種しても効果はなく、ワクチンでは治癒できないのです。それでも、やっぱり予防できるっていうのはすごいですよね~。まあ 当然というかお約束で保険が効かないんですけどね・・。3回接種で1回1万2000円なり。お願いだからこういうところに国は金を使って欲しいよ。。






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際・報道通信社のつぶやき
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]