忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前、国際通信社から発行されている雑誌に「裁判員裁判」に関する記事が載っていた
記憶があります。この制度が導入された当初は、かなりテレビや新聞でも大きく
取り上げられていたように思います。
男性2人を殺害して遺体を切断、遺棄したとして、強盗殺人など9つの罪に問われて
横浜地裁の裁判員裁判で死刑判決を受け控訴していた無職の男性被告が控訴を取り下げ
ていたことが6月17日に分かったのだそうです。
裁判員裁判で初めて、死刑判決が確定したということになるのです。
裁判員に選ばれた人たちはどのような気持ちで判決を聞いていたのでしょうか。
複雑な気持ちだったでしょうか。もし、自分が裁判員に選ばれたとしたら冷静に考える
ことができるかどうか、今でも不安です。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]