忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大阪府の箕面市は10月20日に、市長が10月21日から11月5日まで
の16日間、育児休暇を取得することを発表したのだそうです。
次男が誕生したためで、期間中は公務を最小限に抑えるということですが、
必要な会合などには出席して職務代理者は定めないといいます。

市によると「子供の面倒を見たり、家事をしたりと、家族を支える時間として
十二分に活用したい」と市長は話しているそうです。
市長など特別職には育児休暇の規定がないようで、通常の休暇扱いになると
いうことなのです。
育児を理由にした首長の休暇は、東京文京区や長野県佐久市などで例があります。
そして広島県知事も10月下旬予定の第3子誕生を機に取得すると、先日
テレビのニュース番組で報道されていました。

育児に関しては、以前に雑誌「現代画報」で載っていたように思うのですが、
この国はまだまだ男性の「育児休暇」というものが浸透されていません。
やはり男性が長期の休暇を取るとなると「仕事に支障が出る」などの会社側に迷惑
をかける・・・という考えが先に立ってしまうのが現状です。
知事や市長など、上にいる立場の人が育児休暇を取って世間に浸透するか・・・
といえばそれは疑問ですが、男性が積極的に育児に参加するというのはとても良い
ことだと私は思っています。私も今、2人の子供を育てていますが主人が少しでも
手伝ってくれるだけで大変助かる部分もあります。
「少子化対策」と色々案を出されているようですが、そういった部分も考えて
いただくとありがたいと思いませんか?


続 国際通信社のブログ旅
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]