忍者ブログ
突然の取材、それから・・
■ カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■ カテゴリー
■ フリーエリア
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
■ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
■ バーコード
■ ブログ内検索
■ P R
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在世界的に話題の的となっている3D映画、「アバター」。ジェームズ・キャメロン監督が、構想14年、制作に4年の歳月を費やした映画とだけあって、なんと日本時間の1月26日には、世界の興行収入が18億5500万ドルを突破し、なんと同じくジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック」(1997年)の18億4290万ドルを超えて、世界記録になったのだそうです!SF対策のアバターの舞台は、地球から約5光年離れた衛星パンドラ。元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)が、この星で実行される「アバタープログラム」に参加し、パンドラの先住民と人間の遺伝子から作られた肉体に意識を送り込まれるというもの。そして衛星パンドラで、主人公ジェイクはいろいろな発見や、愛を経験、最終的にはある文明を救うために、自らも戦いに巻き込まれていくというストーリーとなっているそうです。アメリカでは昨年の12月18日に公開され、日本では12月23日に公開となったアバター。もちろん日本でも、週末の観客動員数は1位を独走し、1月18日「第67回ゴールデングローブ賞」でもアバターは、ドラマ部門の「作品賞」と「監督賞」を受賞していましたよね!まだ見ていない人は、ぜひ巨大スクリーンで楽しんでみてはいかがでしょうか?

books.weblog.vc
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社
movies.weblog.tc
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
needle.coresv.net
現代画報 | 現代画報社 | セルフメディケーションを考える
民法 取材 国際通信社って 産業廃棄物収集運搬、OA機器・プラスチック等のリサイクル処理/ダイトク 株式会社現代画報社 企画部 < 大阪市西区【e-shops 地域情報】 国際通信社グループ 国際ジャーナル 国際通信社 現代画報社: 現代画報社: 2009年3月アーカイブ 取材商法とは? 東京 報道通信社 名古屋 現代画報社 掲載料 大阪 掲載料 タレントがインタビュアーになり取材します 現代画報 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 今、評判の雑誌って? 取材費 刑法 発行部数が3万部以上 報道ニッポン 商法
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]